スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


訪問看護ステーション、微減の5731件(医療介護CBニュース)

 社団法人全国訪問看護事業協会がこのほど発表した「2010年訪問看護ステーション数調査」によると、全国の訪問看護ステーションは、4月1日時点での稼働数が前年比0.6%減の5731件だった。

 同時点の届け出数は0.7%減の5962件で、休止数は231件。昨年中の新規届け出数は389件、廃止数は220件だった。

 調査は、今年から統一様式を用い、各都道府県担当課からの回答を集計している。前年調査と異なるため単純比較はできないが、全国の訪問看護ステーションは「全般的に慢性的な人手(看護師)不足が続いている」(事務局)としている。


【関連記事】
訪問看護の現状と課題を考える市民公開講座を開催
「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱
医療・介護の成長産業化、社会保障目的の消費増税を提言―日本経団連
在宅医療は「医薬分業、開局薬剤師の試金石」
訪問看護支援事業での取り組みを報告

【菅内閣発足】新執行部、党運営を次々刷新 「脱小沢」の裏、不協和音(産経新聞)
100円ショップから10万円奪う 東京・三鷹(産経新聞)
裁判員裁判「速やかな審理を」=地裁幹部らに最高裁長官(時事通信)
13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)

気軽にUstreamに出演しても大丈夫ですか?(Business Media 誠)

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)の日記などで、自分の悪行を自慢気に語って問題になる人がいたり、就活や転職活動の一部始終を赤裸々にネット上に綴る人を見たりすると、その無防備さに驚かされることも多いのですが、最近は動画でも同じことが起こり始めています。

【拡大画像や他の画像】

 というのも、先日ある動画サイトを見ていたら、ちきりんの知っている人がいきなり画面に登場してビックリしたからです。名前や所属は出ていませんが、その人の知り合いであれば、誰なのか明確に分かるレベルで顔が映っています。カメラに向かって話しているので、本人も「自分が撮影されていること」は理解しているし、了承しているようです。

 でも、本人は映像がそのように万人に公開されていることを知っているかどうか、そこまで理解して録画を了承したかどうかはかなり疑問です。なぜなら、「分かっていたら、OKしていないのでは?」と思えるような内容の動画だったからです。

 考えてみると、「撮影されること」に関しては、比較的気安く了承してしまう場合もありそうです。今は携帯電話などでも簡単に撮影できるので、飲み会やクラブで騒ぎながら撮影したり、旅行先で友人からいきなり携帯を向けられてムービー録画されてしまったりすることもあるでしょう。

 しかし、多くの場合、その動画が撮影された後にどう扱われるかを考えると、本人にコントロールの権利がないことがほとんどです。撮影する時からデジタルデータなので、ファイル転送も非常に簡単です。いったんネットに公開されれば、すべてのデータを削除することは不可能に近く、長期にわたって無防備な状態で放置される可能性も高いです。前の彼女との飲み会で撮った動画などが、ほかの女性と結婚して子どもができてからもずっとネットに残っている、などというのも出てきそうですよね。

 動画サイトで見つけたちきりんの知り合いは夢が大きい人なのですが、その人が将来公人になった時(選挙にでるとか、社長になるなどの場合)、こういう映像がパブリックに出回っていることをどう思うかなと想像すると、ちょっと複雑です。

 過去にキャバクラで働いていた経歴が問題視された女性議員がいましたが、今後は“キャバクラで遊んでいるところが映った動画が見つかって問題視される議員”だって現れるかもしれません。政治家が大臣になる時、スキャンダルの素がないか確認することを“身体検査”と呼ぶようですが、今後は「変な動画が出回っていないか」なども含めた身体検査が必要になるかもしれません。

●Ustream動画を手に入れろ!

 また、誰かが犯罪で逮捕されると、「中学校の卒業アルバム写真」などがよくマスコミで流れます。同級生がマスコミに見せているのでしょうが、最近増えてきたのは「本人のブログ」が見つけ出されて報道されるケースです。

 ブログ自体は匿名でも、本人が犯罪に巻き込まれた場合には(必ずしも犯人側ではなく、被害者側であったとしても)、事実上、個人名が特定されて報道されることになります。

 犯罪捜査手法としては、例えばブログ上の記載により「殺意があったと認められる」とか「周到な準備をしていたことが証明される」ようなことも今後は起こってくるでしょう。また、アリバイ工作に使われる可能性もあります。そうなれば警察がブログサービスの会社に更新時刻の記録などの提出を求めるでしょう。

 最近は監視社会とも呼ばれ、繁華街のあちこちに監視カメラが設置され、犯罪があった時にはそれらの映像がチェックされているようですが、今後は「事件があったバーからUstream中継されていた映像があったらしい。それを手に入れてチェックしろ!」みたいな刑事ドラマもありえますよね。

 また、裁判の際に被告人の“人となり”を証明する材料として、ブログや画像などが提示され「こんな人だった」などと使われることも予想できます。ブログはもちろんですが、動画の場合、よりビビッドにその人の“人となり”を表現してしまいますから、そういったものが裁判での心証に影響を与えることも考えられます。

 すでに米国では転職活動の際、採用する側が応募者のTwitter上での発言をチェックすることもあるようです。映像記録も検索をかけて探せる時代になれば、どこかの会社に転職しようとして応募したら、ブログやTwitterだけでなく、過去の映像まですべてが調べられるようになるのかも?

 通信技術や端末の進化で、誰でもどこでも気軽に発信できるすばらしい時代になりつつありますが、同時に、今はまだ考えられないような問題や事態もこれからたくさん発生するかもしれません。

 そんじゃーね。

※本記事は、「Chikirinの日記」において、2008年1月13日に掲載されたエントリーを再構成したコラムです。

【関連記事】
遺跡の発掘品はどこで展示すべき?――時代と空間のジグソーパズル
うつ病にならないようにする方法
「国費留学した官僚の退職は許せん!」と憤るあなたへ
「ちきりんの“社会派”で行こう!」連載バックナンバー

首相動静(6月4日)(時事通信)
「雷鳥」来春でお別れ…大阪と北陸結び46年(読売新聞)
和歌山のコンビニ強盗でも逮捕=奈良、京都で連続3件の男(時事通信)
<シー・シェパード>元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
口蹄疫被害、月当たり33億円=鹿児島県(時事通信)

<もんじゅ>新燃料移送中にトラブル(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構は25日、試験運転中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、新燃料を移送中にトラブルがあり、作業を中断したと発表した。同日午後3時43分、原子炉装荷前に燃料を回転する際、角度が一時的に測れなくなり、警報が鳴動した。原因を調べている。環境や試験への影響はないとしている。

 同じ作業で22日に警報が鳴動し、23日には模擬燃料を使って確認作業中にやはり鳴動。機構は、測定のため燃料をつり下げた際にぶれが生じたことが原因とみて、測定前に3秒間燃料を制止する措置を取っていた。

【関連ニュース】
もんじゅ:再開1週間 トラブル続出
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ

英国の呪われた土地に「再臨」 21世紀版「切り裂きジャック」(J-CASTニュース)
もんじゅを一時停止=原子力機構(時事通信)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)
首相退陣「一つの選択肢」=民主・生方氏(時事通信)
「男性切られた」と110番=被害者死亡、殺人未遂で男逮捕―大阪府警(時事通信)

渡辺元郵政相が参院選不出馬(産経新聞)

 郵政相などを務めた新党改革最高顧問の渡辺秀央参院議員(75)=比例代表=が夏の参院選に立候補しない意向を固めたことが21日、関係者への取材で分かった。渡辺氏は昭和51年の衆院選で自民党で初当選し6期務めたが、平成5年に落選。10年に旧自由党公認で参院に転じ、当選2回。民主党を経て20年発足の改革クラブで代表に就任し、今年4月、自民党を離党した舛添要一参院議員らと新党改革を結成した。

【関連記事】
石破氏「心理的ダメージ」 青木氏不出馬で
政界に驚き 大島氏「青木氏の報告待つ」、輿石氏「残念だが体調では…」
杉村太蔵氏、「たちあがれ日本」で参院選出馬へ
中山元国交相が不出馬表明 参院選、新党に合流せず
舛添氏、力強く宣言「参院選に勝利し必ず政界再編を行う」

成人年齢、早期引き下げ困難=千葉法相(時事通信)
電動立ち乗り二輪車 「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
<トキ>最後のペアも抱卵中断…今春のひな誕生絶望的(毎日新聞)
女子中生に売春あっせん=容疑で32歳主婦逮捕―「携帯料金払えない」・警視庁(時事通信)
法務省、地方移管にゼロ回答=出先機関改革で公開討議―政府(時事通信)

鈴木宗男氏 北方領土交渉は「空白の10年」 露で講演(毎日新聞)

 【モスクワ大前仁】鈴木宗男衆院外務委員長(新党大地)は11日、モスクワ市内の外交アカデミーで講演し、日露両国が2000年代に入り北方領土交渉を進展させていない状況を「空白の10年」だと批判した。その上で「経済協力と平和条約交渉を並行して進めることが肝要だ」と、持論の「並行協議論」を展開した。

 鈴木氏は、鳩山政権の北方領土問題に対する立場について、1956年の日ソ共同宣言など過去の三つの合意文書を基礎としており、「現実的に解決しようと考えている」と評価。「鳩山政権の時に解決できなければ、未来永劫(えいごう)解決できない」とも語り、日露両国が互いの立場を尊重しながら歩み寄るべきだと主張した。

 鈴木氏の訪露は、一連のスキャンダルを巡りあっせん収賄罪などで逮捕・起訴された02年以来8年ぶり。13日まで滞在し、コサチョフ露下院外交委員長らと会談する。日露両首脳が6月に会談を予定していることから、自らの訪露を「首脳会談に向けた環境整備の一環」と説明している。

【関連ニュース】
日米首脳非公式会談:「話ができたことに意義」答弁書決定
日米行政協定:米兵犯罪の裁判権放棄 「密約文書あった」
平野官房長官:選挙での資金提供話 「今思えば機密費」
砂川事件:関連文書「不存在は遺憾」…答弁書を閣議決定
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委

<布川事件>ワイシャツとタオルのDNA鑑定要求へ…検察(毎日新聞)
普天間先送り 最大の公約違反なのに…首相続投の大罪(産経新聞)
「仮面ライダー」マスクを無断販売=著作権法違反容疑、男を逮捕−千葉県警(時事通信)
1年に2度強盗、元パチンコ店経営者宅(読売新聞)
ポリ袋入り遺体、重りはいかり 横浜・鶴見川の女性遺体(産経新聞)

最高裁で免職取り消し県職員、改めて停職処分(読売新聞)

 三重県は23日、酒気帯び運転で摘発され、懲戒免職処分を受けた後、処分が重すぎるとして、最高裁で免職取り消しが決定した県立志摩病院の男性主幹(52)を、改めて停職3か月の懲戒処分にした。

 男性主幹は休暇中の07年7月7日午前、横浜市で車を運転していて摘発された。前夜に飲んだ酒が残っていた状態で、同年10月に懲戒免職処分を受けたが、処分が重すぎるとして取り消しを求めて提訴。

 最高裁は今年3月、「飲酒後8時間以上経過しており、懲戒免職は重すぎる」として免職処分の取り消しを命じた1、2審判決を支持、県の上告を棄却する決定をした。

 同県には「酒気を帯びて車を運転した場合は懲戒免職処分とする」との内規がある。

<沖縄市長選>東門氏が再選(毎日新聞)
殺人の少年に懲役5〜10年=裁判員「被告の将来に迷った」−さいたま(時事通信)
事業仕分け 傍聴者「大幅削減に期待」(毎日新聞)
ホテルで緊縛強盗、400万円奪い数人組逃走 埼玉・本庄(産経新聞)
<JR福知山線>被害者へメルマガ100号「孤立しないで」(毎日新聞)

都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)

 強い寒気と低気圧通過の影響で17日、関東甲信や東北南部の各地で雪やみぞれが降った。東京都心でも早朝にうっすらと積もり、気象庁によると、これまで最も遅い積雪を記録した昭和44年4月17日と41年ぶりに並んだ。

 都心のほか横浜、甲府、宇都宮、前橋、埼玉県の熊谷でも雪が降り、降雪記録としても最も遅かった44年に並んだ。千葉は63年4月8日に降ったのがシーズンの最も遅い降雪日で、記録を更新した。

 宇都宮で1センチの積雪があったほか、東京では、午前5時半過ぎにみぞれが雪に変わり、同6時20分ごろには積雪を観測。1・4度まで気温が下がった。東京消防庁によると、台東区内で女性(66)が自転車で転倒し、骨折するなど7人が転倒によるけがをした。

 JR東日本によると、群馬県の上越新幹線上毛高原駅などで雪がポイントにつまって切り替わらなくなり、上越新幹線4本が運休、16本に最大100分の遅れが出て約1万人に影響した。

 東京メトロ東西線の中野駅でもポイント不具合で一時運転を見合わせるなど、各地の交通機関に乱れが出た。

鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対−地元町長(時事通信)
金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議(産経新聞)
大学生らの小型衛星3基公開=「あかつき」に相乗り−宇宙機構(時事通信)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
鳩山首相元秘書に有罪=禁固2年、猶予3年−偽装献金事件・東京地裁(時事通信)

<愛知5人殺傷>容疑者、父の給料を管理(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、殺害された岩瀬一美さん(58)の毎月の給料を無職の長男、高之容疑者(30)=殺人容疑などで送検=が管理していたことが分かった。

 一美さんの同僚によると、一美さんは約30年前から豊川市内のガス会社に勤務。次男(24)の会社関係者らによると、給料を管理していたのは高之容疑者で、20万〜30万円の収入から一美さんに5万円、母正子さん(58)に4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていたという。

 こうした状態について、次男は会社関係者に「父が兄に強く言えない」と話していた。一美さん自身も親族に「私が言うと(高之容疑者が)怒るんだよ」と困った様子で話していたという。【沢田勇】

【関連ニュース】
愛知・豊川の家族5人殺傷:ネット回線再解約が引き金に
愛知5人殺傷:ネット競売で借金300万円 警察に父相談
愛知5人殺傷:家族に強い怒り 長男、執拗に何度も刺す
家族5人殺傷:容疑の長男、以前からトラブル…愛知
殺人:ネット解約され家族5人刺す…父と1歳児死亡 愛知

厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など(医療介護CBニュース)
介護保険法施行以降、最多の倒産件数―訪問介護事業者(医療介護CBニュース)
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ(時事通信)
空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)
コラ!小学校でチューリップ200本折られる(読売新聞)

<上関原発>反対派の島民 妨害禁止決定で広島高裁に抗告(毎日新聞)

 中国電力が山口県上関町で進めている原子力発電所の建設計画を巡り、埋め立て工事の妨害を禁じ、妨害した場合は1日当たり500万円の支払いを命じた山口地裁岩国支部の決定などを不服として、反対派の同町祝島の島民らは9日、広島高裁に抗告した。

 中電の仮処分申請に対し、山口地裁岩国支部は1月18日付で、同町の住民団体「上関原発を建てさせない祝島島民の会」と会員らに、工事の妨害を禁じる決定を出した。島民側は異議を申し立てたが、同支部は3月31日付で却下するなどの決定を出していた。

【関連ニュース】
上関原発:島民らの妨害を禁止 山口地裁支部
山口・上関原発建設計画:妨害を禁止 「継続なら1日500万円」−−地裁支部
山口・上関原発建設計画:説明会阻止される
上関原発建設計画:陸上作業進まず 説得も応じず、祝島島民らが抗議 /山口
島根原発:123カ所点検漏れ 山口・上関原発工事中止を 広島ネットが批判 /広島

政治とカネ「来週に決着する」その真意は?(産経新聞)
<飲酒運転>取消処分者の講習強化 今秋から(毎日新聞)
ブルゴーニュワイン、東大寺の大仏に奉納(読売新聞)
疼痛治療薬に関するライセンス契約が終了―持田製薬(医療介護CBニュース)
バウンドの衝撃で左翼折れ横転 フェデックス貨物機着陸失敗で経過報告(産経新聞)

<切断両腕>諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)

 9日午前9時ごろ、福岡市中央区那の津1の福岡競艇場内の海中に、切断された人の両腕が入った黒いポリ袋が漂っているのを、競艇場職員が見つけた。福岡県警は指紋照合の結果、遺体の一部が見つかっていた同市博多区堅粕(かたかす)、会社員、諸賀(もろが)礼子さん(32)の腕と断定した。

 県警によると、両腕は肩付近から鋭利な刃物で切断された状態。腐敗が激しく、死後1〜2カ月経過していた。ポリ袋は市販されているごみ袋で、口が結ばれていた。

 両腕の発見現場は3月15日に遺体の一部が見つかった同市西区の能古島から東に約8キロ。【島田信幸、関谷俊介】

【関連ニュース】
遺体両腕:海上の袋から発見 被害者の諸賀さんか 福岡
女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近
能古島切断遺体:尻に複数のあざ 他の部位を捜索
女性遺体:海岸に切断遺体 死後数日〜数週間−−福岡・能古島
取材ノートから:「無念」に応える /福岡

「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
補助金2億円、5法人に滞留 厚労省所管(産経新聞)
美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
コンビニ強盗、3万円奪い逃走 大阪・淀川(産経新聞)
<国交省>航空検査機の窓ガラスひび…2度の飛行中に(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
パチンコ攻略
無料ホームページ
ブラック キャッシング OK
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM