スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


6歳未満の脳死判定、間隔は「24時間以上」に―厚労省研究班案(医療介護CBニュース)

 改正臓器移植法の施行を控え、小児の脳死判定について検討してきた厚生労働省の研究班が新たな判定基準案をまとめ、4月5日の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)に報告した。15歳未満の小児を除く現行の基準では、脳死判定を行う間隔は6時間以上としているが、同案では24時間以上とすることなどが盛り込まれた。

 7月施行の改正臓器移植法では、15歳未満の小児についても家族の同意によって脳死下での臓器提供が可能になる。これに伴って現行の脳死判定基準にはない6歳未満の小児について新たな基準が必要となるため、厚労省の研究班「小児の脳死判定及び臓器提供等に関する調査研究」(代表者=貫井英明・山梨大名誉教授、学長特別顧問)が判定基準案をまとめた。
 同案では、判定の対象となり得る例として、▽器質的脳障害による深昏睡、無呼吸で人工呼吸が必要な症例▽原疾患が確実に診断されている症例(頭部CTやMRI検査などによる画像診断は必須)―などを、判定から除外する例としては、▽生後12週未満▽直腸や食道などの深部温が35度未満―などを挙げている。

 また現行の基準では、脳死判定を行う間隔について、1回目の検査終了時から6時間以上経過した時点とされているが、同案では、6歳未満の小児については成人より長期脳死となる頻度が高いことなどを踏まえて、2回目の判定までの間隔を24時間以上とすることが盛り込まれた。
 研究班の日下康子氏(東京慈恵会医科大脳神経外科講師)は、小児の脳死をめぐる臨床研究の結果について、「長期脳死の頻度が高く、期間も長いとされているが、脳死判定後の人工呼吸器からの離脱や意識の回復は確認されておらず、結局は脳死状態が持続して心停止に至っている」と説明。その上で、「これまで臓器移植を前提とした判定の基準がないので、(長期脳死のケースは)医療者側が家族に十分説明した上で家族に判断を委ねるのが妥当」と述べた。


【関連記事】
小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会
児童死亡に虐待の深い関与なければ臓器提供可能に―厚労省作業班が提言へ
長期脳死例の調査求める―臓器移植法を問い直す市民ネットワーク
提供施設の拡大など提言―臓器移植関連学会協議会
ドナーコーディネーター大幅増を―移植者協議会・大久保理事長

<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
<拉致問題>ツイッター利用して情報発信…意見広告7人の会(毎日新聞)
スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑−石川県警(時事通信)
北方領土問題で協議加速迫る(産経新聞)
千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)

中小企業にまだ停滞感=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)について「かなり改善の状況は見られることは確かだ。ただ、中小(企業)はまだ少し停滞している感がある」と指摘した。
 その上で「二番底にならないようにしなくてはならない。(大企業と中小で)二極化しているところは、しっかりと注視し、景気回復を優先した取り組みを今後も進めていかなくてはならない」と述べ、2010年度予算を着実に執行していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
大企業製造業の景況感、マイナス14=4期連続改善
デフレ脱却、「政府」に期待=中小企業アンケート
景況感は改善継続の公算=3月短観、1日に公表
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念
デフレ長期化を警戒=亀崎日銀審議委員が講演

10人の原爆症申請却下取り消し=甲状腺機能高進症を初認定−東京地裁(時事通信)
センバツ 開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
「誰でも作家に」出版不況乗り越え、山梨ふるさと文庫200冊(産経新聞)
グーグルマップに全国の地下鉄時刻表(産経新聞)
爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)

<福知山線事故>遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決 (毎日新聞)

 「起訴すべきである」。JR福知山線脱線事故で、神戸第1検察審査会が歴代3社長の起訴議決をした26日。神戸地裁前の掲示板に張り出された議決内容を記す用紙を見つめながら、次男昌毅さん(当時18歳)を亡くした上田弘志さん(55)=神戸市北区=は昌毅さんの写真を取り出し、「なぜ死ななければならなかったのか。一番知りたいのは息子。だから一緒に来た」とつぶやいた。「法廷で会社の責任を明らかにしたい」。そう思い続けてきた遺族たち。この日ようやく思いが届いた。

 同審査会への申立人でもある上田さんは2月25日、検察審査会で意見陳述を行った。「起訴されないと捜査資料が出てこない。真相を知りたい」と心を込め、語りかけたという。「亡くなった106人の乗客が審査会の方たちを後押ししてくれたと思う。やっぱり市民は強い味方です」と目頭を押さえた。

 他の遺族たちも「公開の法廷での真相究明にはずみがついた」と口々に評価した。刑事事件の被告が起訴されれば、捜査段階での供述などが公開されるからだ。申立人の一人で妻と妹を亡くした浅野弥三一(やさかず)さん(68)=兵庫県宝塚市=は「時効が迫る中、審査会のメンバーが勇気を持って審査してくれた」。その上で「議決は、歴代3社長が実際に危険性を予見できたかどうかではなく、予見する立場にあって部下に監督・指示すべきだった点を重視し、明快に判断している」と話した。

 長女を亡くした藤崎光子さん(70)=大阪市=は、既に起訴された前社長の山崎正夫氏に関する捜査記録を見るため、何度も神戸地検に足を運んだ。「捜査記録には、被害者に全く知らされていなかった、驚くような事実が詰まっている。被害者が情報を得るには、裁判は非常に重要な過程だ」。一方で「3社長に対して処罰感情を持っているわけではない。事故の背景や要因を自ら話そうとしてくれないなら、裁判という公の場に出てきてもらおうという、その一心で申し立てをした」とも述べた。【衛藤達生、山田奈緒、大沢瑞季】

【関連ニュース】
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
水戸検察審:男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決
明石歩道橋事故:元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決
牛久の飲食店経営者死亡:検察審議決 男性1人「不起訴不当」 /茨城
ことば:検察審査会 /茨城

探幽の雲龍図と確認 京都・興正寺の掛け軸(産経新聞)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」(産経新聞)
10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
足利事件再審 幕田検事正「改めておわび」(産経新聞)

<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)

 児童福祉施設などで暮らす子供のうち、両親との死別などで親権者がいない子の「未成年後見人」のなり手が少ない問題について、長妻昭厚生労働相は23日、「重要な点で問題だ。(民法上は個人しかなれないが)法人や機関がなるのが適切か、なぜ少ないのか分析したい」と述べた。参院厚生労働委員会で、近藤正道議員(社民)の「児童相談所長の要請で選ばれた未成年後見人は(89年から20年間で)わずか134人」との質問に答えた。

【関連ニュース】
社説:鳩山政権への手紙 長妻昭様 夢や人間力も必要です
参院予算委:長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」
長妻厚労相:年金事務所視察、改善要求を連発
読む政治:子ども手当法案 2万6000円の呪縛、苦悶する長妻氏
「長妻流」で巻き返し 強権「一匹オオカミ」(その1)

<戸田市長選>神保国男氏が4選(毎日新聞)
社民、国会同意人事への対応は来週以降に持ち越し(産経新聞)
眞子さま、佳子さまご卒業(産経新聞)
国民新、参院比例選でプロレスラー公認(読売新聞)
世界最大のカブトムシなど108匹盗んだ男逮捕(スポーツ報知)

基本診療料の取り扱い、今度こそ本質的な議論を(医療介護CBニュース)

【第101回】安達秀樹さん(中央社会保険医療協議会委員)

 政権交代に伴う混乱が続く中、診療側委員として昨年10月末から中央社会保険医療協議会の議論に参加。全国の個人診療所を代表して、支払側と激しく意見を戦わせた。診療所の再診料の2点引き下げが決まった2月10日の総会では、財務省に対する抗議の意味を込めていったん途中退席した。2010年度診療報酬改定をめぐる議論を終えて安達さんは、再診料を含む基本診療料について本質的な議論を交わすべきだと感じている。(兼松昭夫)

―安達委員は昨年10月末から中医協の議論に参加しましたが、厚生労働省からはどのような形で就任要請があったのでしょうか。

 わたしが中医協の議論に初めて参加したのは10月30日でしたが、厚労省が就任を依頼してきたのは、その1週間ほど前でした。その時には、「必要書類を後日、郵送する」ということだったので、それが届くまで放置することにしました(笑)。すると、長妻昭厚労相が中医協人事を発表した26日の午後になって、「返事はどうだ」と聞いてきた。これではらちが明かないので、長妻大臣に直接、「日本医師会のデータを審議に使わせていただけないのなら、要請はお受けできない」と伝えました。すると、「データを使用しても構わない」とのお返事だったので、最終的に要請をお受けしたのです。すると厚労省は、「4日後の30日に中医協があるから、参加してほしい」と(笑)。こんな調子で始終ばたばたしました。

―安達委員は、日医会員として中医協に参加している点を強調されました。

 従来の日医と(必ずしも)同じスタンスではありませんが、わたしも日医の会員なので、その立場を重視しました。中医協の根拠法である社会保険医療協議会法では、診療側委員の任命に当たっては、「地域医療の担い手の立場を適切に代表し得ると認められる者」の意見に配慮すると規定しています。京都府医師会と日医のどちらが地域医療の担い手を代表する立場として相応しいか。これは言うまでもなく、17万人近い会員がいる日医でしょう。だからこそ、日医が持つデータを必要に応じて使わせていただこうと考えたのです。
 日医だけでなく鳩山政権にとっても、結果的にこれがベストだったでしょう。日医を中医協から完全に排除して、開業医の現状を示すデータを全く使用しなかったら、診療報酬などまともに議論できなかったはずです。

■事業仕分けは「財務省の横暴」

―中医協が再開した直後の11月には、行政刷新会議の仕分け対象になるなど、中医協以外の場でも診療報酬改定が盛んに取り上げられました。

 政権交代直後だったので、事業仕分けのような取り組みが行われたのはやむを得なかったと思います。しかし昨年の事業仕分けは、基本的に財務省による各省庁からの予算要求の査定を可視化したにすぎない。診療報酬に関して言うと、事業仕分けで行政刷新会議が使ったデータの大半は、財務相の諮問機関である財政制度等審議会(財政審)が従来、使用してきたものです。財政審ではこのデータを根拠に、「儲け過ぎの個人診療所の財源を入院に回せば、医療費の総枠は上げずに済む」といった主張を展開してきました。
 行政刷新会議はまた、厚労省が実施した医療経済実態調査の結果を根拠に、診療科間の医療費配分を見直すべきだとも主張しています。しかし、このデータはサンプル数が非常に少なく、代表性に欠けるものです。これらを根拠にして医療費の配分見直しを主張するやり方は、事業仕分けを主導した財務省による横暴です。本当はこれ以外のデータがたくさんあるはずなのに、一定の結論を出せるものだけを恣意的に使ったのではないか―。中医協の診療側委員は皆、そう感じたと思います。

―10年度診療報酬改定では、診療報酬全体の改定率が10年ぶりに引き上げられることになりました。改定率の決定に際して、厚労省側から事前に打診はありましたか。

 報道で初めて知りました。診療報酬本体がある程度引き上げられるだろうという感触はありましたが、まさかあのような形になるとは思っておらず、驚きました。08年度に導入された「外来管理加算」の「5分要件」を撤廃して元に戻すなら、それだけで少なくとも600億円規模の財源が必要なはずです。公表された外来の改定財源の枠(400億円)を見れば、この要件をなくすつもりがないことが明らかでした。
 低医療費政策が続く中、診療所よりも疲弊が深刻な病院により多くの財源を振り分けることが間違いだとは思いません。ただ、日本の医療費が総枠として不足していることは、諸外国と比べても明らかです。財源の大枠を固めて配分を付け替える今のやり方では、医療崩壊を個人診療所にも拡大するだけです。日本の医療を立て直すには、医療費の総枠を増やすほかないのです。
 今回は、診療報酬本体を1.55%増やすことが決まったにもかかわらず、外来部分については400億円の枠がはめられた。財務省主導の行政刷新会議の意向が反映された形で、これは同省の越権行為です。
 社会保障費の取り扱いは、国家財政を論じる上で政府にとっての永遠のテーマでしょう。しかし、昨年夏の衆院選で民主党は、マニフェスト(政権公約)に沿って予算を組み替えると説明し、国民もそれに期待したはずです。政権交代から2、3か月で来年度の予算案を作らなければならなかったので、今回は致し方ないとしても、11年度予算の編成が鳩山政権にとって正念場になるでしょう。われわれも重大な関心を持って見届けます。

―10年度診療報酬改定では、診療所の再診料を71点から69点に下げ、病院と統一することになりました。中医協の土田武史前会長は、病院と診療所にとっての再診料は全然違うので、この点を踏まえて取り扱いを議論する必要があるとかつて発言しましたが、今回は、こうした観点からの議論はあまり交わされませんでした。

 厚労省は従来、「診療所は外来、病院は入院」という機能分化を見据えて、病院の点数を低く設定していると説明していました。しかし08年度の報酬改定では、診療所に対するイニシャルコストを再診料でカバーしていると初めて説明した。このように、再診料について厚労省側の説明は二転三転しています。
 ただ、いずれにしても、こうした議論はわれわれ医療提供側の論理に基づくもので、診療を受ける側にとっては非常に分かりにくいと思います。患者側からすれば、何かあった場合の対応も考えると、病院で再診を受けた方が付加価値は高いはずです。それなのに、実際には病院の点数が低い形が続いてきた。これは病院と診療所の再診料をどう設定すべきかを全く議論せず、財源論だけで対応してきたためで、今回もその流れが踏襲されてしまった。
 再診料を含む基本診療料の取り扱いは、われわれ中医協が2月12日に提出した付帯意見の中にも盛り込まれました。今度こそ、この点について本質的な議論を交わすべきです。

―安達委員は中医協総会で、外来管理加算の「5分要件」を無くす代わりに、“お薬外来”を抑制するための要件を導入することを提案しました。診療所の再診料を守るための苦肉の策に映りました。

 まさにそうです。「皮を切らせて骨を断つ」心境でした(笑)。外来の改定財源に400億円の枠がはめられた中、中医協で支払側は、診療所の再診料を下げ、なおかつ外来管理加算に「5分要件」に代わる要件を設定すべきだと主張しました。しかし、これでは地域医療がめちゃくちゃになってしまう。本音では、400億円の枠を設定するなら「5分要件」は残してほしいとすら感じていました。ここに触れない以上、新たな財源の確保策を考える必要もないからで、その条件で再診料を議論したいというのが本意でした。

■再診料引き下げの補てん? 「地域医療貢献加算」

―2月12日の総会で公益側が提示した提案は、診療所の再診料を下げる一方、「地域医療貢献加算」と「明細書発行体制等加算」を新設するという内容でした。

 厚労省の足立信也政務官は記者会見で、この加算について再診料の引き下げ分を補てんするものといった説明をされたようですが、本当は補てんではない。この加算をめぐっては政務三役と何度か交渉し、わたしは「再診料の引き下げ分を補てんするという考え方はおかしい」と主張しました。地域医療への貢献を評価するというのなら、再診料の見直しとは別問題のはずで、引き下げ分を補てんするのではなく、プラス評価して当然です。
 われわれからすれば、再診時に従来通りの医療を提供しているのに点数を下げられる道理はない。それにもかかわらず再診料を引き下げ、地域医療への貢献という新たな要件をクリアできたら引き下げ分がカバーされるという考え方は、決して容認できなかった。
 再診料は今回、明らかに財源論だけで引き下げられました。それとは関係なく、地域医療への貢献を評価する点数が新たにできたとわれわれは理解しています。地域医療貢献加算は最終的に、再診料の引き下げ分を上回る3点になりました。われわれの主張がある程度、ご理解いただけた結果だと思っています。

―再診料引き下げの方向性は、事前に打診があったのでしょうか。

 点数自体は当日知りましたが、感触として71点での裁定はあり得ないと思っていました。

―再診料引き下げが決まった2月10日の総会で、安達委員はいったん退席されました。あれは誰に対する抗議だったのでしょうか。

 どこに対する抗議かと聞かれれば、厚労省というよりもむしろ、400億円の枠をはめさせた財務省に対するものです。厚労政務三役も財務省に振り切られたというのが、われわれの理解です。


【関連記事】
地域医療貢献加算、複数診療所の対応も可

【中医協】診療所の地域医療貢献を評価へ

中医協の審議、1か月ぶりに再開―総会と基本小委を開催

<京都知事選>告示 新人、現職の2氏が立候補(毎日新聞)
離婚直後に元妻絞め殺す 逃走していた40歳男が自首 茨城(産経新聞)
中学校長が児童ポルノ集め? ファイル名に「ロリータ」「14歳」(J-CASTニュース)
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」(産経新聞)
降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共(医療介護CBニュース)

幻の銘酒も…越後の蔵元一堂に にいがた酒の陣2010(産経新聞)

 蔵元直送の「新潟の地酒」を2日間、心ゆくまで味わうことができる恒例のイベント「にいがた酒の陣2010」が3月13、14の両日、新潟市中央区の朱鷺(とき)メッセで開かれ、約8万7000人もの「左利き」(酒好きのこと)でにぎわった。

 会場では県内の91蔵元が90ブースで出展。出品された各蔵元自慢の酒は約500種類にのぼった。

 会場は入場無料だが酒を味わうためには2000円(前売り1500円)を払って試飲チケットを購入する。ただし、このチケットは2日間有効で、チケット購入後にもらえる「蛇の目のぐい飲み」をブースに差し出せば、いくらでも試飲できる仕組みだ。

 それでは、夢のような会場へ「いざ、出陣!」だ。

以下は出展した蔵元の所在地、会社名、代表的な銘柄

村上市  大洋酒造     大洋盛

村上市  宮尾酒造     〆張鶴

新発田市 市島酒造     王紋

阿賀野市 越後桜酒造    越後桜

阿賀野市 越つかの酒造   代々泉・越乃あじわい

新発田市 菊水酒造     ふなぐち菊水一番しぼり

新発田市 ふじの井酒造   ふじの井

阿賀野市 白龍酒造     大吟醸 白龍

新発田市 金升酒造     金升

五泉市  近藤酒造     菅名岳

五泉市  金鵄盃酒造    越後杜氏

阿賀町  麒麟山酒造    麒麟山伝辛

阿賀町  下越酒造     ほまれ麒麟

加茂市  加茂錦酒造    加茂錦

新潟市  今代司酒造    今代司

新潟市  越の華酒造    越の華

新潟市  石本酒造     越乃寒梅

新潟市  塩川酒造     越の関

新潟市  高野酒造     水の都 柳都

新潟市  越後伝衛門    伝衛門

新潟市  小黒酒造     越乃梅里

新潟市  越後酒造場    越乃八豊

佐渡市  尾畑酒造     真野鶴

佐渡市  逸見酒造     真稜

佐渡市  天領盃酒造    天領盃

佐渡市  北雪酒造     北雪

佐渡市  加藤酒造店    金鶴

新潟市  宝山酒造     宝山

新潟市  福井酒造     峰乃白梅

新潟市  上原酒造     越後鶴亀

新潟市  笹祝酒造     笹祝

新潟市  朝妻酒造     雪の幻

弥彦村  弥彦酒造     泉流 こしのはくせつ

三条市  福顔酒造     三条の酒 福顔

加茂市  マスカガミ    萬寿鏡

加茂市  雪椿酒造     越乃雪椿

長岡市  美の川酒造    良寛

長岡市  柏露酒造     越乃柏露

長岡市  高橋酒造     長陵

長岡市  吉乃川      極上 吉乃川

長岡市  長谷川酒造    越後 雪紅梅

長岡市  お福酒造     お福正宗

長岡市  恩田酒造     舞鶴

長岡市  越銘醸      越の鶴

長岡市  諸橋酒造     越乃景虎

長岡市  住乃井酒造    笑満寿

長岡市  中川酒造     越乃白雁

長岡市  河忠酒造     想天坊

長岡市  関原酒造     群亀

長岡市  栃倉酒造     米百俵

長岡市  朝日酒造     朝日山

長岡市  久須美酒造    清泉

長岡市  池浦酒造     和楽互尊

小千谷市 新潟銘醸     長者盛

小千谷市 高の井酒造    越の初梅

魚沼市  緑川酒造     緑川

魚沼市  玉川酒造     越後さむらい

南魚沼市 八海醸造     八海山

南魚沼市 青木酒造     鶴齢

南魚沼市 高千代酒造    高千代 天地人

湯沢町  白瀧酒造     上善如水

十日町  松乃井酒造場   松乃井

津南町  滝沢酒造     苗場山

十日町  魚沼酒造     天神囃子

津南町  津南醸造     霧の塔

柏崎市  原酒造      越の誉

柏崎市  阿部酒造     越乃男山

柏崎市  林酒造場     杉の露

柏崎市  石塚酒造     姫の井 かめぐち酒

上越市  武蔵野酒造    スキー正宗

上越市  田中酒造     能鷹

上越市  妙高酒造     越乃雪月花

妙高市  君の井酒造    君の井

妙高市  千代の光酒造   千代の光

上越市  谷乃井酒造    谷乃井

妙高市  鮎正宗酒造    鮎正宗

上越市  丸山酒造場    雪中梅

上越市  竹田酒造店    かたふね

上越市  野崎酒造場    国の華

上越市  佐藤酒造店    錦盛

上越市  小山酒造店    越後自慢

上越市  頚城酒造     久比岐

上越市  代々菊醸造    越後の蔵元 吟田川

上越市  加藤酒造     清正・越乃雪

上越市  上越酒造     越後美人

上越市  新潟第一酒造   越の白鳥

上越市  よしかわ杜氏の郷 よしかわ杜氏

糸魚川市 池田屋酒造    謙信 

糸魚川市 田原酒造     雪鶴

糸魚川市 加賀の井酒造   加賀の井

糸魚川市 猪又酒造     月不見の池

【関連記事】
飲みすぎて記憶がない…なぜ起こる?
OLやサラリーマンで酒米を作ろう! 三菱地所が山梨の棚田でプロジェクト
酒と料理の相性追求 蔵元・飲食店・酒屋が交流 食文化背負う気で
子供たちが和食に挑戦 パリの国際農業見本市
日本酒離れ歯止めを!蔵元サバイバル、女心くすぐる企画とは…
20年後、日本はありますか?

閣僚ら「生方問題」発言集(産経新聞)
中田氏、“邦夫の乱”に冷ややか視線(産経新聞)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)
米の現行案以外の受け入れ、首相が期待感(読売新聞)

西山茉希も登場! 関空でファッションショー(産経新聞)

 関西国際空港の出国エリア「KIXエアサイドアベニュー」が15日にグランドオープンするのを前に、同アベニューのイメージキャラクターでモデルの西山茉希さんが登場するファッションショーが13日、関空内で開かれた。西山さんのトークショーも行われ、多くの若者たちでにぎわった。

 「KIX STYLE COLLECTION」と題したファッションショー。旅に出かけるファッションスタイルをテーマに、西山さんらモデルが、関空らしく国際色豊かなブランドの衣装を披露した。

 西山さんは、KIXエアサイドアベニューについて「海外のショッピングモールを取り入れる発想がすごい。空港は楽しめる場所。プライベートでも遊びに来たい」と話していた。

【関連記事】
西山茉希、白黒のシックな着物姿で上品に
花粉対策グッズが華やかに ファッション性アップ
西山茉希、本命チョコは「2、3年作ってない」
西山茉希、自信の背中全開セクシーショット
スレンダーボディー山本美月が鮮烈デビュー
20年後、日本はありますか?

「大銀杏再生の確率90%」 鎌倉・鶴岡八幡宮(産経新聞)
<山内康一議員>元秘書を詐欺で起訴 東京地検(毎日新聞)
<大阪城公園>舗装路が陥没…深さ0.9メートル(毎日新聞)
殺人容疑 2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
<強盗>パチンコ店から2人組660万円奪う 千葉・白井(毎日新聞)

EXPO’70パビリオン 開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)

 1970年3月15日に開幕した大阪万博(日本万国博覧会)を後世に伝える「EXPO’70パビリオン」の開館記念式典が13日、大阪府吹田市の万博公園であった。各施設の案内役などを務めたコンパニオンのユニホームを再現したファッションショーも開催。40年の時を超え、あでやかな衣装のモデルが登場した。

 通産官僚時代に万博の企画に当たった作家の堺屋太一さんや、ユニホームデザイナーの一人だったコシノ・ジュンコさんら約300人が出席した。衣装は、日本館向けを製作した日本ユニフォームセンター(東京都)が実物や写真などを手がかりに復元。パビリオン21館とテーマ館1館の計56着が披露された。EXPO’70パビリオンは公園に残る鉄鋼館を改修し、13日午後開館。当時の展示物や映像など約80種類・3000点を紹介する。

【関連ニュース】
上海万博:日本産業館に「世界一のトイレ」 展示内容発表
上海万博:日本の象徴?「世界一のトイレ」 産業館の内容発表
浅尾美和:チラリと見せた「サングラスの秘密」 メガネベストドレッサーを受賞

オウム、青年層にターゲット=新規入信、事件時未成年が5割−教団存続へ勧誘活発化(時事通信)
「弟は弟」鳩山首相、邦夫氏との連携を否定(読売新聞)
事故米転売、指南役の「三笠フーズ」元顧問に有罪判決(産経新聞)
<母殺害>容疑の58歳男を逮捕…岩手県警(毎日新聞)
千葉大生殺害 学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)

看護師、傷害容疑で逮捕=入院患者の肋骨折る−兵庫県警(時事通信)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院で、入院していた高齢者の肋骨(ろっこつ)を折ったとして、県警捜査1課と佐用署は11日、傷害容疑で同町山脇、看護師羽室沙百理容疑者(26)を逮捕した。県警によると、羽室容疑者は容疑を認め、「職場の人間関係に悩んで、いらいらした」と話しているという。
 同病院ではこのほか、2008年12月から昨年1月の間、75歳から99歳の入院患者5人が肋骨を折っており、羽室容疑者はいずれも関与を認めているという。
 患者は入院当時寝たきりで、意思表示ができない状態だったといい、同課などが捜査を進めている。
 逮捕容疑は昨年1月13〜19日、同病院に入院していた85歳の女性の胸を両手で圧迫し、肋骨12本を折った疑い。 

【関連ニュース】
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕
妻に暴行、死亡させる=傷害致死で夫逮捕
女児虐待死容疑、継母を再逮捕=「揺さぶられっ子」症候群か

道路に赤線、意味わかる?(読売新聞)
首相「弟は弟。連携するつもりない」(読売新聞)
さいたま市児相、警察の一時保護要請いったん断る 抑制的な権限行使(産経新聞)
(4)通行人を次々に襲った男は“狙い”を定めた…弁護人が詳細に質問(産経新聞)
警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)

グループホーム団体連合会が初の全国フォーラム(医療介護CBニュース)

 17都道府県のグループホームの関係団体で構成する「全国グループホーム団体連合会」は3月10日、昨年の設立後初の全国フォーラムを東京都内で開いた。シンポジウムでは、グループホームが地域の中で果たすべき役割などを話し合った。

 フォーラムの冒頭に同連合会代表世話人の和田行男氏があいさつし、「施設の中に閉じこもって生活をするしかなかった認知症の人たちが、グループホームができることによって地域社会とつながって生きる姿を取り戻すことができた」とグループホームの意義を強調した。また、同連合会の設立目的について、▽認知症の人が安心して暮らし続けられる社会を目指す▽グループホームが安定的に運営できる―の2点を挙げた上で、「一緒になってグループホームを健全に育成していこう」と呼び掛けた。

 「グループホームの未来へ向けて」と題したシンポジウムでは、「認知症の人と家族の会」代表理事の高見国生氏が、認知症の人が国内に約200万人いるとの推計を示した上で、「圧倒的な人がグループホームに入っていない」と指摘。グループホームが果たすべき役割については、ケアの考え方や方法などの「経験」を地域住民や介護家族に対して広めることが重要とした。
 また、「人手の厚さ」がグループホームの最大の特長とした一方で、現行の人員配置基準については「非常に少ない」と述べ、今後は人員配置を手厚くすべきと訴えた。

 NHKアナウンサーの町永俊雄氏は、認知症の人が地域で生き生きと暮らすためには、グループホームで働く職員が「自己犠牲をしなくて済む」制度や仕組みが必要と指摘した。

 また、厚生労働省老健局認知症・虐待防止対策推進室室長補佐の田仲教泰氏は、認知症を早期に発見し、行動・心理症状(BPSD)を最小限に抑えられるよう適切なケアに結び付けることが重要と述べた。


【関連記事】
認知症GH、大都市部などで3ユニットまで可能に―厚労省通知
介護事業、増収傾向続く―大手4−12月期決算
GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明
都内の認知症GHの7割が入居率90%以上―東社協調査

進むボーダーレス化 「開放」か「鎖国」か正念場(産経新聞)
近畿産業信組支店長、1700万円盗まれる 大阪・枚方市(産経新聞)
<ネットカフェ>男性自殺 硫化水素検知し140人避難(毎日新聞)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕−警視庁(時事通信)
<太陽>黒点の「たね」発見 両極に強い磁場(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
パチンコ攻略
無料ホームページ
ブラック キャッシング OK
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM